カテゴリー別アーカイブ: 内職求人について

副収入サイトの求人情報の安全性

副収入サイトの求人情報と書きましたが
そもそも副収入サイトってなんだろう?というところになるのか?と思います

とはいっても特別にひねくれて考えたり深読みをする必要もなく
単にそのまま読んで字のごとく「副収入サイト」なわけですが

申し越しわかり易く表現するのであれば
副収入情報サイトといったほうがわかりやすいのかもしれませんね?

そんな副収入サイトっていったいどんな感じ?ですが

情報を掲載しているのはもちろん、人気の副収入をランキング形式で公開したり、体験談を掲載したり、お勧めどの高いものをピックアップ紹介したりと

まさに情報サイトといった趣のものですね

当然紹介しているわけですから、皆さんが良くご存知の有名求人情報サイトのように、そこからお仕事への応募の出来るような状態にもなっています

とそこで、世の中ではネットといえばあれやこれや浅い見識のままテレビで識者よろしくジャーナリストもどきの芸能人があれやこれやと、わけのわからない話を本人もわけもわからぬまま垂れ流しているわけですが

あのあたりの話はけっこう微妙です

番組制作者の取材や情報収集能力と結論の出し方には少々幼稚さを覚えます

短絡的な発言も多いですし、むしろ求人情報そのものよりも前に、こういったわけのわからないテレビ出演者達の発言に惑わされないように気をつけましょう

かつてのステマ騒動などを思い返してみてください

あれが全てです

副収入のことがどうという以前に、こういった新しい世の中の波についてテレビというのはかなり疎いことがこの数年の最近を考えただけでも顕著なれが沢山あったと思います

このテレビというところ、いまやネットの情報スピードと多様性に追いつけておらず、知りもしないことを平気で半端な状態で流布してしまったり、さも知った顔で語りたがる自称ネット通みたいな人間も沢山います

ツイッターとフェイスブックとかブログやっててスマホを持っていたら、その時点でネットについては詳しい人となってしまうし、扱われる様はとっても滑稽なわけです

そんなのみーんなやっている事だし知っていることですよー

と言いたくなるわけです、、、ね 笑

そんな人たちが勘違いや知ったかで、テレビ番組という広域宣伝媒体を使って情報を流してしまうわけですから怖い怖い

しかもそれを見ている視聴者の中には、テレビは政治やニュースに嘘とか間違いがあるかもしれないけど、それを批判したり取材ロケして伝えている庶民寄りの情報を流している情報番組のコメンテーターが間違ったことを言うはずがない とか本気で思っちゃっている人も沢山いるわけで

ほんと危ないです

なので、まずはネットのまえにテレビに気をつけましょうね というお話でした

内職専門の求人情報

最近は内職専門の求人という形のものを多く見かけるようになりました
内職といっても一昔前にあったような低賃金、高ノルマのものではなく

高賃金で無ノルマ(職種により低ノルマ)しかもだれでも出来るようなもので
スマホや携帯があれば出来てしまうものもちらほら

特別な資格も必要が無く
オマケに時間も自由で、内職なので非出勤なのは当たり前

こんな嘘みたいな本当の話というのが沢山あるのが昨今であり

実際にこれら求人に申し込み、一昔前よりも楽に楽しく高収入を得ているなどという方々も沢山いらっしゃるのが現在です

これらの求人については、一般的な出勤型のアルバイトやパートと同じく
今ではネットの求人情報に掲載されていることが殆ど

また、内職といえば主婦の方など、主に女性を想像するわけですが

女性であれば 「女性 副業」や「主婦 副業」などとYahooやGoogleなどで検索すると沢山目にすることができます

有名求人サイト過ぎると内職系のお仕事は殆ど出てこないので
見つけたい場合には、検索サイトで上記の様なキーワードを入れて検索してみる事が懸命でしょう

またこれらの求人・内職情報については高額なものも多く
目を疑うようなものもあれば、現実的に考えられやすい賃金のものもあり

それらについての仕事内容のキツさのような違いは無いようで
単純に経営側の資本力によるところが大きい要因のようです

非出勤型にし、ある程度の成果報酬型にすることで固定雇用では発生するコストを削減するための雇用方法とも考えられます

いまのところ、その様な形態の雇用方法が上手く云っているような状況から
この数年来とても増え続けている求人といえるでしょう

雇用問題についてはニュースなどでも様々なことが取上げられていますが
内職などによる副収益を考えておられる方であれば

その点を逆手に取り稼ぐというのもある意味で賢い選択だと私は思います。

お小遣いプラスアルファのような感覚で、実際に動ける方であれば是を見過ごす手は無いのではないでしょうか?